平凡な会社員のトレード日誌

日本株のシステムトレード記録。年率50%を目標にExcelを使い自動売買しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CSV処理

該当銘柄のCSVファイルをExcelで開き、データを「日足」シートにコピペします。
マクロの自動記録機能でプログラムを自動生成して、それを改造して作りました。
【“CSV処理”の続きを読む】
  1. 2007/03/15(木) 23:30:00|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初期処理

実際の処理に入る前に行う準備です。
今回の場合、2つの処理を行います。
一つ目は、「パラメータ」シートに設定した内容をプログラムで使えるように変数にセットします。
二つ目は、「売買記録」シートのデータクリアをします。(マクロを何回も実行すると思いますのでデータをクリアしておきます)
【“初期処理”の続きを読む】
  1. 2007/03/14(水) 23:32:15|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

処理の流れ

処理の流れは次の通りです。
1.パラメータのセット(初期処理)
2.該当銘柄の日足データを読み込み、日足シートに書き込む(CSV処理)
3.検証条件での売買処理を行う(売買処理)
4.すべての銘柄が終わるまで上記2、3を繰り返す
【“処理の流れ”の続きを読む】
  1. 2007/03/13(火) 21:55:19|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

事前に準備するデータ

今回の検証を始めるに当たって準備するものです。

1.225銘柄の銘柄コード、単位株数
2.日足データ
3.Excelシート
4.指標、対象期間を設定するシート
【“事前に準備するデータ”の続きを読む】
  1. 2007/03/12(月) 23:27:28|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレード事例

今回の検証条件をチャートで示すとこうなります。
sampleChart.gif

水色の縦線の日にLowMA(緑線)が25MA(赤線)を上回ります。
その時の過去の5日間の高値(赤横線)を超えたらエントリです。(緑丸)
手仕舞いは、終値がLowMAを下回った翌日です。(赤丸)
  1. 2007/03/12(月) 23:25:44|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。