平凡な会社員のトレード日誌

日本株のシステムトレード記録。年率50%を目標にExcelを使い自動売買しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

注文

自分の口座が表示された後は、注文の種類を選ぶことになります。
Eトレード証券の場合、「取引」タブを押し、画面が変わったら注文の種類・銘柄コード・株数等を指定します。

ログインすると次のような画面になります。
注文画面を表示させるには、「取引」タブを押す必要があります。
torihiki.gif

HTMLは、以下のようになっています。
torihikiHTML.gif

この「取引」タブを押すためのVBAは次のようになります。
For Each objTAG In objIE.Document.getElementsByTagName("IMG")
  If InStr(objTAG.outerhtml, "取引") > 0 Then
     objTAG.Click
     Exit For
  End If
Next
IMGタブ分の中に「取引」という言葉があればクリックするというものです。(前回もありましたね)

「取引」タブを押すと次はこのような画面になります。
cyumon.gif

このうち、例えば「新規信用買」は、ラジオボタンになっていてマウスでクリックして選択する必要があります。この部分のHTMLは、以下のようになっています。
sinkikaiHTML.gif

このラジオボタンを押すためのVBAは次のようになります。
 For Each objTAG In objIE.Document.getElementsByTagName("INPUT")
  If objTAG.Name = "trade_kbn" And objTAG.Value = "2" Then
    objTAG.Click
    Exit For
  End If
 Next

また、新規注文ではなく、返済するためには「信用返済・現引現渡」タブを押して画面を切り替える必要があります。
「信用返済・現引現渡」タブの部分のHTMLは、以下のようになっています。
hensaiHTML.gif

このタブを押すためのVBAは、次のとおりです。
 For Each objTAG In objIE.Document.getElementsByTagName("AREA")
  If objTAG.Title = "信用返済・現引現渡" Then
    objTAG.Click
    Exit For
  End If
 Next

その他の項目については省略しますが、今回ご紹介したようにHTMLを解析しプログラムを作ってみて下さい。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/09(金) 23:44:14|
  2. Excel自動発注
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kojimaro.blog70.fc2.com/tb.php/196-2413d7be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。