平凡な会社員のトレード日誌

日本株のシステムトレード記録。年率50%を目標にExcelを使い自動売買しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ユーザID・パスワードの入力

HPを立ち上げると通常、ユーザIDとパスワードを入力し、ログインボタンを押すことになると思います。そのプログラムです。

Eトレード証券のHPの画面です。
HPLogin.gif

赤丸囲った部分のHTMLがどうなっているか調べます。
まずは、「ユーザーネーム」「パスワード」を入力する必要があります。
その部分のHTMLは以下のようになっています。
LoginHTML.gif


これをVBAで処理するには次のよう指定すれば値を入力できます。
objIE.Document.all.user_id.Value = "******"
objIE.Document.all.user_password.Value = "******"
*****となっている部分は、ご自分のを入力して下さい。

次は、ログインボタンを押す処理です。ログインボタンを押すためには、ログインボタンの記載されているHTMLのタグを探し、クリックする必要があります。
ログインボタンのHTMLは、次のようになっています。
このボタンは画像になっているので画像の名前を調べてから、HTMLを探せばすぐ分かると思います。(画像の名前は、右クリックして名前を付けて画像を保存する、とすれば分かります)
Login2HTML.gif

VBAは以下のようになります。
Dim objTAG
For Each objTAG In objIE.Document.getElementsByTagName("INPUT")
'getElementsByTagName命令を使いINPUTタブをHTML文の上から一つづつ見ていきます
'その際、変数objTAGにINPUTタグの内容を代入します
  If InStr(objTAG.outerhtml, "ログイン") > 0 Then
  'objTAG.outerhtmlは、HTML文です(ウォッチウィンドウで確認してみて下さい)
  'InStr関数は、ある文字列の中から指定した文字列を検索し、最初に見つかった位置を返します
  '0の場合は、ログインの文字が含まれていないということです。
    objTAG.Click
    'クリックします
    Exit For
  End If
Next
スポンサーサイト
  1. 2007/03/08(木) 22:57:09|
  2. Excel自動発注
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kojimaro.blog70.fc2.com/tb.php/195-699b4de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。