平凡な会社員のトレード日誌

日本株のシステムトレード記録。年率50%を目標にExcelを使い自動売買しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トレード手法

今回、検証するトレード手法は次の通りです。

対象:225銘柄
期間:2004年1月5日~2007年3月9日
条件:
エントリ(ロングのみとします)
1.25日間の終値の単純移動平均線(25MA)が5日間の安値の単純移動平均線(LowMA)を下回る
2.その時の過去5日間の高値を翌日以降に超えたらロングエントリ
3.25MAがLowMAを上回ったら、2.の条件はクリア
4.株数は投入金額が100万円に一番近い金額となる株数とする。
但し、最低単位株数でエントリしても100万円を超える場合は、最低単位株数とする。

手仕舞い
LowMAを終値で下回ったら翌日成行手仕舞い

自分でも検証したいと思っていた方法なので、ちょっと一般的ではないかもしれません・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/03/11(日) 20:00:00|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

はじめに

新しいトレード手法を採用するかどうかは、まずは過去のデータでうまくいくかどうか検証することが大切だと思います。ひとつづつチャートを見ながら検証することも大切だと思いますが、ExcelVBAを使って大量のデータを検証することも大切だと思います。

今回は、あるトレード手法をExcelVBAを使って検証する方法をご紹介したいと思います。
  1. 2007/03/11(日) 19:52:13|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。