平凡な会社員のトレード日誌

日本株のシステムトレード記録。年率50%を目標にExcelを使い自動売買しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

検証結果

今回の検証結果です。
20070318170603.gif

結果は、今ひとつですね・・・
「売買記録」シートからExcel関数を使ってこれは計算させています。(SUM、SUMIF、COUNT、COUNTIF関数)
最後に注意点ですが、分割情報や単位株の変更等は反映されていないので自分で補正してやる必要があります。今回は、8766ミレア、8603日興、9984ソフトバンクを補正しました。(まだ他にもあるかもしれません^^;)
ちなみに処理時間は8分位でした。(Pen4,3.0Gのマシンです)OmegaChartをCSVに変換するのは5分位です。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/19(月) 21:27:10|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その他

その他として、2~3ご紹介します。

1.マクロを実行した時、画面表示が動かないようにする
2.ステータスバー(画面の左下の部分)にメッセージを出す
3.画面に確認メッセージを出す。
【“その他”の続きを読む】
  1. 2007/03/18(日) 22:58:25|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

売買処理(脱出処理)

「売買記録」シートに日付、手仕舞い金額、損益を入力(セット)します。
私の場合、後で分析する時に楽なので勝ち(1)負け(0)をこの時セットしています。
【“売買処理(脱出処理)”の続きを読む】
  1. 2007/03/18(日) 18:19:43|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

売買処理(エントリ処理)

「売買記録」シートに銘柄コード、日付、買い、株数、エントリ金額を入力(セット)します。
エントリ金額は、始値の場合とセットされた高値の場合と2パターンあります。
また、株数の計算も行います。
尚、OmegaChartから出力されてCSVファイルは株価が100分の1になっているので変換しています。
【“売買処理(エントリ処理)”の続きを読む】
  1. 2007/03/17(土) 23:59:59|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

売買処理

読み込んだ日足データを対象期間の最初から1日ずつ処理していきます。
前日の状態により4パターンに分かれます。

エントリしていない場合
エントリ条件(25MA
エントリ条件に合致している場合
セットされた高値を当日の高値が超えていればエントリ処理を行います。

エントリ(ホールド)している場合
手仕舞い条件(LowMA>終値)に当てはまるかどうかを判定します。

手仕舞い条件に合致している場合
当日始値で手仕舞う処理を行います。

日足データが最後になった時にエントリした状態であった場合は、最後の日の始値で手仕舞うようにしています。
【“売買処理”の続きを読む】
  1. 2007/03/16(金) 23:32:33|
  2. Excel検証・フィルタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。